ニキビ用の化粧品でシミにも効果のあるものを探しています

ニキビ用の化粧品でシミにも効果のあるものを探しています

ニキビ用の化粧品でシミにも効果のあるものを探しています

シミは毎日の紫外線予防が必要です。特に夏の日差しはとても強いので要注意です。ニキビ化粧品でシミに効果のあるものは、リプロスキンやビーグレンです。

 

特にビーグレンにはシミに効果のあるビタミンCが配合されていますので、シミ予防の効果には期待ができますよ。

ビタミンなど、肌に良い成分は毎日の食事からもとる事が必要です。野菜や果物は不足しないように心がけて食べましょう。

 

ニキビ跡の予防法と対処法

せっかくニキビが治っても、ニキビ跡が残ってしまうと台無しですよね!そんなニキビ跡は、まずは作らないための予防のケアが重要です。それでも、もしニキビ跡が残ってしまったという場合には、正しいケアでキレイにしてしまいましょう!

 

ニキビ跡予防法

ニキビ跡を作ってしまう原因の1つが、間違ったニキビケアにあります。芯を出したほうが早く治るからと、自己判断でニキビを潰してしまうと、そのニキビが跡になって残ってしまうことがよくあります。

 

確かに、ニキビの中には潰したほうが早く治るタイプのものもあります。「潰したほうが早いのでは?」と感じるニキビがある場合には、皮膚科に行き、医師にキレイに潰してもらいましょう。自分で潰してしまうと、雑菌などが侵入し、ますます症状を悪化させてニキビ跡も大きくなる可能性があります。

 

それから、ニキビができたら、そのままにせずに、できるだけ早く完治させることも大切です。特に、ニキビがある状態で紫外線を浴びることは、ニキビ部分に色素沈着を起こす大きな原因となります。刺激の少ないUVクリームなどで紫外線ケアを徹底しながら、しっかりニキビケアを行い、早く治してしまいましょう!

 

ニキビ跡対処法

もし、せっかくニキビが治ったのに跡が残ってしまったという場合には、美白効果のあるスキンケアコスメの使用がオススメです。ニキビ跡も、シミなどと同じように、肌にメラニン色素が多く作られてしまった状態です。そのため、シミなどに効果を発揮する美白効果のあるスキンケアコスメは、ニキビ跡のケアにも嬉しい効果が期待できるのです。

 

特にニキビ跡に効果が高いと言われる成分の1つが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体を配合したスキンケアコスメを用いて、ニキビ跡を丁寧にケアしていきましょう。

 

また、ニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーを整えることも大切です。基本のスキンケアステップを丁寧に行い、古い角質が溜まらないようにして、保湿も徹底しておけば、ターンオーバーが整いやすくなります。これらのケアを長く続ければ、徐々にニキビ跡が薄くなる効果を期待することができるのです。

 

まとめ

ニキビ跡は、できてしまうと簡単には消すことができません。できるだけ作らないように予防を徹底することはもちろんですが、それでもできてしまった場合には、長い目で見て丁寧なスキンケアを続けていきましょう!

 

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ