おでき

大人ニキビに似た皮膚症状 | おでき

おできには主に3つの症状があり、大きさや症状によって、毛包炎、よう、せつなどと呼ばれています。初期段階では豆粒状の大きさで、ニキビのように見えてしまいますが、これも原因が全く違っているので対処もきちんと行わなければなりません。

 

おできとは?

おできというのは、毛包の周辺が細菌感染を起こすことによって、炎症が現れる症状を言います。皮膚の細胞組織に起こる脂肪腫と言われる良性の腫瘍ですが、症状が悪化すると治療が必要です。

 

初期段階では赤みがあり、軽度の痛みを伴います。ですがこれが悪化してしまうと大きくなり、ブヨブヨと水ぶくれのような状態になります。腫れ、熱、痛みなどがあり、触れると硬いしこりがあるように感じられるものは「せつ」と呼ばれます。

 

さらに痛みに発熱が伴い、リンパ節が腫れれば、これは「よう」と言われる状態になります。顔にできることもあり、その場合には「メンチョ」などと呼ばれます。

 

おできとニキビの見分け方

おできとニキビは、悪化して痛みを伴ったり発熱があったりする状況ではすぐに見分けがつきます。ですが軽度で赤みがある程度の状態では、なかなか見分けるのが難しいものです。まずニキビ同様のケアをしてみて、全く改善される様子が無い、あるいは悪化しているといった場合には、医療機関を受診してみると良いでしょう。

 

おできは治療時に切開され、中の膿みを出せばすぐに、他の皮膚病との違いが判明します。こうして膿みを出し、抗生物質を処方してもらうことで早く治癒させることができるので、まずは医療機関で診てもらうことが大切です。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ