マラセチア毛包炎

大人ニキビに似た皮膚症状 | マラセチア毛包炎

大人ニキビと間違えられてしまいがちな皮膚病の1つに、マラセチア毛包炎というものがあります。見た目には小さく赤いブツブツで、まさにニキビに見えてしまいます。ですが、こちらは原因となる菌が全く違っているので、ニキビケアとは違う対処が必要です。

 

マラセチア毛包炎とは?

大人ニキビの原因となるのはアクネ菌ですが、このマラセチア毛包炎の場合は、原因となるのはマラセチア菌というものです。つまり、アクネ菌に対処することを目的としたニキビ治療薬を用いてケアしても、改善しないので注意が必要です。

 

マラセチア菌というのはカビの一種であり、これが異常に増殖してしまった時に毛穴に炎症を起こし、ニキビのような症状を発します。この菌は元々、肌に普通に存在している常在菌ですが、皮脂や汗が多くなると増殖する可能性が高まるので注意が必要です。

 

マラセチア毛包炎とニキビの見分け方

マラセチア毛包炎は、見た目はニキビとよく似ていますが、ニキビ治療薬やニキビケア化粧品を用いてケアしても、改善しません。必死でケアしているのに全く症状が改善しない時には、この皮膚病を疑った方が良いでしょう。

 

それから、このマラセチア毛包炎が起こりやすいのは胸、背中、肩、腕などです。顔以外にも、これらの部分に多発している場合には、マラセチア毛包炎の可能性を考えてください。かゆみに関しては軽度であればほとんどありませんが、症状が悪化すると強いかゆみ、痛みが生じる場合もあります。

 

専用の薬を用いて対処していくことが大切なので、医療機関を受診して治療していきましょう。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ