粉瘤

大人ニキビに似た皮膚症状 | 粉瘤

大人ニキビと同じように、よく起こる皮膚症状の1つに、粉瘤と言われるものがあります。名前を聞いても「何それ?」と思ってしまう方が多いでしょうが、実は意外と多くの方が経験済みの症状なのです。

 

粉瘤とは?

粉瘤というのは、皮膚にできる良性腫瘍のことです。大きさも様々で、ニキビのように数ミリ程度しかないものから、20センチほどもある大きなものまであります。大きさが大きければひと目でニキビとの違いが分かりますが、小さいものは勘違いして放置してしまいがちですね。

 

この粉瘤は、実は自然治癒が難しい皮膚病で、きちんと医療機関で取り除いてもらわなければなりません。大人ニキビだと思い込んで必死のケアをしてもムダに終わる可能性があるので、要注意です。この粉瘤には痛み、出血といった症状がなく、しこり状に表皮の下に袋ができます。

 

ですが炎症を起こすと赤みを持ち、痛みを伴います。原因は剥がれ落ちた垢、老廃物が粉瘤袋に溜まることで起こります。

 

粉瘤とニキビの違い

粉瘤とニキビを見分ける方法として、まず色があります。白いニキビは粉瘤である可能性もありますので、注意してください。それから、ニキビは薬や化粧品による対策で比較的、すぐに改善しますが、粉瘤は何週間も改善しません。これも見分けるための大切なポイントです。

 

しこり状で硬く、また中央部には黒い点があるので、よく観察してみましょう。起こりやすいのは顔や背中、首、お尻といった部分です。もし粉瘤であると判断できる場合には、自分で絞り出すなどの対策は大変危険なので、医療機関を受診してください。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ