ニキビ根絶のために、アルコールはできるだけ止めよう!

ニキビ根絶のために、アルコールはできるだけ止めよう!

お酒をよく飲む人は、肌荒れも起こりやすいですよね。アルコールの過剰摂取は、ニキビにも悪影響をもたらします。ニキビと本気で戦いたいなら、できれば禁酒するのがオススメ!ニキビ根絶のために、お酒との付き合い方を考えていきましょう。

 

 

アルコールは糖分が多め!

アルコール類には、実は多くの糖分が含まれています。というのは、アルコールを作る原料の多くが、炭水化物だからです。例えばビールは麦から、焼酎は麦やイモから、日本酒は米から作られますよね。そんな糖質を多く含むアルコールを摂取することで、皮脂量が増えてしまいます。

 

また、女性の場合は甘くて美味しいカクテルを好む人も多いですよね。カクテルには糖分も多く含まれるため、これもニキビの大きな原因になってしまいます。

 

過剰摂取で胃腸に負担!

アルコールを過剰摂取すると、胃の壁が荒れてしまいます。胃腸に負担がかかることで、肌の抵抗力が落ち、ニキビ菌の影響も受けやすくなってしまうのです。また、アルコールは体内の酵素を大量消費してしまいます。そのため、酵素不足で肌荒れが起こりやすくなります。

 

夜更かししがちに!

アルコールを摂取したくなる時間帯といえば、やっぱり夜ですよね。ですが、夜にアルコールを飲む機会があることで、どうしても夜寝る時間が遅くなってしまったりします。

 

また、アルコールを飲むことで睡眠の質も低下してしまい、できてしまったニキビも治りにくくなってしまいます。アルコールを摂取するなら、できるだけ早めの時間に、適量を飲むだけにしましょう。遅くまでダラダラ飲むのは、ニキビケアの観点ではご法度ですね!

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ