ビーグレンの体験レビュー

ビーグレン トライアル ニキビケアセットを実際に使ってみました。

最近では、化粧品も、成分の有効性や独自のテクノロジーをうたうものが増えていますよね。
その中でも、ビーグレンは、ドクターズコスメとして有名。Dr.ケラーが妻のために開発したと言うストーリー性と、医薬品の世界でも使われている浸透テクノロジーが特徴の化粧品です。

 

ビーグレンには、エイジングケア、美白、ニキビケアなど、さまざまな肌悩みに対応するプログラムがあるのですが、今回は、ニキビケアのトライアルセットを試してみることにしました。

 

ビーグレン トライアル ニキビケアセットが届きました

週末に頼むと、その分余計に時間がかかることがあるので、最近は、通販を利用するときには、月曜日の午前中に注文することにしています。

 

今回も、月曜日の午前中に頼んで、夜には発送を知らせるメールがあり、商品が届いたのは次の日のお昼頃。この対応の速さはうれしいですね。ビーグレンの公式サイトでの注文手続きも、通販サイトの中ではわかりやすくてスムーズだったと思います。

 

 

届いた箱は、小さめの薄手の段ボールです。白とグレーで統一されたなかなかおしゃれな箱です。

 

 

開けてみると、説明書などがあり、その下にはAcneニキビケアプログラムと書かれたトライアルセットの箱が入っています。段ボールは、ちょうどトライアルセットが2つ入るくらいの大きさなんですね。過剰な包装もなく、デザインも含め、全体的にシンプルな感じです。

 

 

ビーグレンのカタログには、お悩み別スキンケアステップなどが紹介され、ビーグレンがあらゆるお肌の悩みに対し、解決する商品を用意していることがわかります。悩み別にトライアルセットが提供されているのもうれしいところ。ただ、同梱されていた1000円の割引クーポンはトライアルセットには利用できないそうです。お値段的には当然かも知れないですね。

 

 

ビーグレン ニキビケア トライアルセットを実際に使ってみました

 

トライアルセットの箱を開け、中に入っている使い方を確認した後、早速使ってみることにしました。ビーグレンのニキビケアは4ステップ。落とす(洗顔)→鎮める(化粧水)→整える(美容液)→守る(ゲル)の順番です。まずは、洗顔からスタートです。

 

クレイウォッシュ

 

ぬるま湯で顔を濡らし、サクランボ大のクレイウォッシュを濡れた手にとって、両手を合わせて軽くなじませます。とても、軽くて心配になるほど。でも、顔にのせてマッサージするように洗っていくと、意外にしっかりとしていて、お肌に吸い付くような感じです。

 

クレイウォッシュと聞いて、スクラブのような、もっとざらついた感じを想像していましたが、とてもきめ細やかな感じ。泡立てなくても、やさしい感じで顔を洗うことができます。においは特に気になるほどではなかったです。

 

クレイローション

 

手のひらに直径3cmほどのクレイローションをとり、両手に軽くなじませた後、顔全体をつつみ、やさしく抑えるようにつけて行きます。目元、口元、鼻まわりなどは、指で押さえるように。最後に手で顔全体を包むと、吸い付く力がすごい!化粧水と言いながら、美容液以上の吸い付きを感じます。今までに使った化粧水の中では、浸透力と言う意味ではピカイチで、さすがドクターズコスメと感じました。手のひらに載せて写真を撮っている間にも、皮膚に吸い込まれていく感じがするほどの、浸透力です。
クレイローションも、においは、特に気になりません。

 

Cセラム

 

容器の形から、もっと硬めのものを想像していたのですが、意外にもさらっとした美容液です。

 

 

直径2cmほどのCセラムを手のひらにとると、かなり独特なニオイが… 何というか、油みたいなにおいです。

 

両手に軽く広げ、顔全体を包み込むようにやさしくなじませていくと、かなりあぶらっぽい感じ。でも、塗った後はそれほどでもなく、お肌のもちもち感はすごいです。ニオイとつけた瞬間のあぶらっぽい感触については、評価がわかれるところかも知れませんね。

 

そう言えば、以前、薬局で出してもらった皮膚炎のローションがこんな感じだったのを思い出しました。化粧品と言っても、効果を追求すると、こんな感じになるのかも知れません。確かに、Cセラムの効き目は抜群。でも、正直、使っていて楽しい感じはあまりないですね。

 

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

 

ゲルと言うと、半透明のぷるぷるした感じを思い浮かべますが、QuSomeモイスチャーゲルクリームは、ゲルと言うよりクリームっぽい感じ。
手のひらにパール1~2粒大をとり、額・あご・両頬・鼻の5点に置いて、顔の内側から外側に向かってのばして行きます。最後に手で顔全体を包み完了です。

 

モイスチャーゲルクリームを使った後は、Cセラムのあぶらっぽさも気にならず、お肌の表面を守ってくれているような感じです。ビーグレンは、やはりシリーズで使うことで、効果が発揮されるように出来ているのだと実感します。

 

 

ビーグレン トライアル ニキビケアセットを使ってみた感想

 

ビーグレンの口コミを見ていると、「ニオイがダメ」と言うものが結構ありました。
そのため、最初から警戒しつつ使ってみたのですが、クレイ洗顔や化粧水までは「特に気にならないけど…」と思っていました。でも、Cセラムを手に取った瞬間、わかりましたね。油のような、何とも言えないニオイです。

 

でも、2度目に使ったときには、それほど気にならなかったので、最初だけなのかも知れないですね。ただ、決して「いいにおい」とは言えません。

 

化粧品って、ラ・ミューテのように、香り自体に価値を置く製品もありますし、どちらかと言うと「いいにおい」がするものだと言う先入観がありました。

 

ただ、肌に必要な成分を届けると言う観点から言えば、特にいいにおいを加える必要はなく、成分や浸透力で勝負すると言う姿勢はある意味自信の表れだと思います。

 

ビーグレンは、包装や容器なども極めてシンプルなデザインで、化粧品を使うときのワクワク感はありません。でも、悩みを解消すると言う点については、含まれている成分とそれを肌に届ける力は非常に強く、効果的な化粧品だと言えます。

 

化粧品は、自分の肌に合うものを使うのが鉄則。どんなに優れた効果のある大人ニキビケア化粧品でも、自分の肌に合わなければ、悩みを解決することはできませんよね。

 

ビーグレンは、ニキビ解消に効果的な成分と浸透テクノロジーは折り紙付きのドクターズコスメ
トライアルセットがあるので、気になる方は、ぜひ試してみることをおすすめします。

 

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ