30代のニキビケア

30代のニキビケア

30代になると、お肌の曲がり角を迎えてしまいます。スキンケアの見直しが必須になる時期であり、また肌の大きな変化を感じやすい時期でもありますね。これまでニキビなど無かったという人でも、発生する可能性はあるので注意が必要です。

 

30代のニキビの原因

人の肌にはターンオーバーという生まれ変わりのサイクルがあります。この周期は、若くて理想的な肌の時で28日周期。ですが、年齢を重ねると共にペースが落ち、さらに肌の状態が悪化するとターンオーバーがうまくいかなくなります。

 

30代という年齢を迎えると、このターンオーバーのペースがガクッとダウンしてしまいます。そのために角質が厚くなりやすく、大人ニキビが発生しやすくなるのです。つまり、30代のニキビケアではターンオーバーの促進がキーポイントとなるわけですね。

 

30代のニキビケア

30代のニキビケアでは、スキンケア化粧品の見直しから始めることが大切です。20代の頃と同じものでは物足りなさを感じる方も多いでしょう。より保湿力が高いものを選んでみましょう。

 

また、角質が厚くなってしまいがちな30代では、そんな角質ケアに効果のある化粧品を取り入れることも1つのポイントです。クレンジングや洗顔料で角質除去できるものや、拭き取り化粧水などを取り入れてみましょう。柔軟化粧水で肌を柔らかくしてからスキンケアをするのも1つの手ですね。

 

こうして、20代の頃よりもリッチなスキンケアを心がけると同時に、やはり内面からのケアも大切。仕事などでストレスを抱えやすい時期ではありますが、ストレスをうまく解消しながら、健康的な身体を維持しましょう。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ