皮膚科で治療しても大人ニキビが改善されない方

皮膚科で治療しても大人ニキビが改善されない方

「ニキビは皮膚の病気」という認識が広まり、病院で治療を受けている方も増えていますよね。確かに病院での治療は、皮膚の専門家によるものなので安心感がありますし、効果も実感しやすいでしょう。

 

ですが、中にはそんな皮膚科での治療でも、なかなか思うようにニキビ肌が改善されない方もいます。そんな時には、大人ニキビ化粧品でのケアを始めてみてください。

 

皮膚科で治療しても大人ニキビが改善されない方

皮膚科の基本は対症療法

皮膚科と言っても、医師により治療の方針は違います。ですが、基本的には多くの皮膚科で行われている大人ニキビの治療は、「対症療法」であると考えられます。

 

対症療法というのは、「今ある症状に対して働きかける方法」ですね。例えば炎症を起こしたニキビなら抗炎症作用のある医薬品を用いてケアしたり、広範囲に広がるニキビには殺菌作用のある医薬品を用いて治療したりします。これらの治療方法では、症状は比較的、スムーズに改善されていきますが、その後、またニキビを繰り返すケースが少なくありません。

 

つまり、大人ニキビを繰り返すことに悩まされている場合、その根本的な解決にはなりにくいという弱点があるのです。

肌質を変えるには毎日のケア

皮膚科での治療で受け取る医薬品は、大人ニキビの症状がある時にだけ使用する一時的なアイテムですね。これに対して、大人ニキビ化粧品は「毎日のケア」に使用するものであり、ニキビ改善後も予防目的で使い続けていくことができます。

 

その結果、

  • 肌質から変える
  • ニキビの発生を防げる

といった大きなメリットがあるのです。

 

例えば脂性肌が原因で大人ニキビを繰り返していた方は、大人ニキビ化粧品の保湿力で過剰な皮脂分泌を抑えることができます。乾燥により代謝が低下していた方は、大人ニキビ化粧品でターンオーバーを促進でき、大人ニキビを繰り返しにくい肌状態に導くことができるというわけです。

皮膚科とは役割が違う!

大人ニキビは皮膚の病気、という印象が強くなると、「化粧品で改善できるようなものではない」と思い込んでしまう方もいます。そして、「皮膚科に通っているのだから大人ニキビ化粧品の使用は必要ない」と考えてしまうケースも少なくありません。ですが、皮膚科と化粧品とでは、大きく役割が違っていることを忘れてはなりません。

  • 皮膚科・・・今あるニキビの症状を治療
  • 大人ニキビ化粧品・・・ニキビを予防・繰り返さないように対処

皮膚科だけの対策で大人ニキビをなかなか改善できないと悩まされている方は、ぜひ、大人ニキビ化粧品を活用してみてください。医薬品だけでは得られなかった嬉しいお肌の変化を実感できるかもしれませんね。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ