大人ニキビは手づくり化粧水でニキビケアできる!?

手づくり化粧水でニキビケアできる!?

 

中には、化粧品にかかる費用を節約するため、また添加物などの不安から逃れるためなどの理由で、化粧水を手作りする方もいますよね。手づくりの化粧水は非常に安価ですし、入っているものがシンプルなので使いやすいという方もいるでしょう。ですが、これでニキビケアができるかどうか、というのは個人差が大きい問題です。

 

手づくりなら保存に注意!

手づくり化粧水が抱える欠点の中で、最も大きいのは腐敗する可能性が高いということです。手づくり化粧水は、素人が一般家庭で、日常的な道具を使用しながら作るものですよね。そのため、どうしても雑菌が侵入する可能性が高くなります。

 

また、防腐剤やそれに代わる成分も配合されないため、どんどん品質が劣化していきます。そのため、作った化粧水はできれば1週間以内に使い切ること、それから冷蔵庫で保存することなどが重要になります。

 

もちろん、作る際にも衛生面には徹底的に配慮し、手指の消毒や容器、道具の消毒などもしっかり行わなければなりません。これらを怠り、雑菌が繁殖したものを使用すると、ニキビを悪化させる原因になります。これらの手間を考えると、市販のニキビケア化粧品の方がずっと楽で安上がりかもしれませんね。

 

手づくり化粧水はシンプル過ぎる!

確かに手づくり化粧水は、余計な物が入っていないという魅力があります。ですが、その代わりにニキビに有効な成分も、肌の内部の潤いを高めてくれる成分もほとんど含まれていません。

 

肌に必要な潤い成分の多くは、分子が大きく、簡単には内部に浸透してくれません。そんな成分をしっかり肌の奥に浸透させるように工夫して作られているのが、優秀な市販の基礎化粧品です。

 

特に大人ニキビを繰り返すような肌は、肌表面の角質が厚くなり、硬くなっている傾向があります。そのような状態で、シンプル過ぎる化粧水を肌に塗布しても、なかなか肌内部を潤いで満たすことはできないのです。その結果、肌の内側が乾燥し、大人ニキビが起こりやすい肌になってしまう可能性があるので注意が必要です。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ