日焼け止めはダメ!?

大人ニキビ肌に日焼け止めはダメ!?

 

肌を紫外線のダメージから守る日焼止め。ですが、肌に刺激になるというイメージもありますよね。では、大人ニキビがある肌には、日焼け止めを使用してはいけないのでしょうか?実はこれは、大きな間違いなのです。

 

紫外線はニキビ肌に悪影響!

ニキビがある肌に関しても、やはり紫外線というのは大きな悪影響をもたらしてしまいます。健康な肌であっても、紫外線を浴びると肌の老化が進んだり、様々なダメージを受けますよね。大人ニキビを繰り返している肌はとても敏感な状態。そんな時に、紫外線を浴びると、深刻なダメージとなる可能性が高いのです。

 

特にニキビがある肌に紫外線を浴びることで起こりやすいのが、ニキビ跡です。炎症を起こした状態で浴びる紫外線は、肌の奥深いところにダメージを及ぼしていきます。その結果、なんとかニキビ自体を治癒させても、なかなか治らない頑固なニキビ跡となる可能性が高いのです。

 

これらの点を考慮すると、ニキビ肌でも紫外線のケアは必要であるということが分かりますね。

 

ベビー用の日焼け止めがオススメ!

紫外線から肌を守らなければならない、とは言っても、確かに日焼け止めは肌に悪影響となる場合もあります。特に数値の高い、防御力の高いアイテムは、同時に肌の乾燥をもたらす恐れもあるのです。

 

そこで、大人ニキビを繰り返す頑固な肌には、ベビー用の日焼け止めがオススメです。ベビー用のものは、紫外線吸収剤を使用しないなど、肌に優しい様々な工夫がされています。そのため、低刺激でデリケートな状態の肌でも使用しやすくなっています。

 

日焼け止めはしっかり落とすこと!

日焼止めで紫外線のケアを行った際、大人ニキビを悪化させないために重要なのが、しっかりと落とすことです。毛穴に詰まった日焼け止めは、アクネ菌の餌となり、ニキビを発生させる原因になりかねません。クレンジングを使用して、丁寧に落としておきましょう。

 

正しく使用すれば、日焼け止めがニキビを悪化させる心配は少ないです。それよりも、紫外線による肌ダメージの方がはるかに深刻なので、しっかりケアしていきましょう。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ