夏のニキビケア

夏のニキビケア

夏という季節には、肌がお疲れモードになりやすい季節です。湿気が多く、肌が乾燥しにくいように思われがちですが、汗で湿ったように見える肌は実は、内側がカラカラ。特にエアコンの効いた室内で過ごすことが多い人は、肌の乾燥にも要注意ですね!

 

夏のインナードライ肌対策

肌表面は潤って見えるのに、内側が乾燥している。こんな状態を、インナードライ肌と言い、特に夏場によく見られる症状です。インナードライ肌は、肌力を低下させ、大人ニキビを発生させる大きな原因になってしまいます。そのため、夏のニキビケアでは、このインナードライ肌対策をしていくことが重要になります。

 

対策のためには、肌の内側、奥深くまでしっかりと化粧水を浸透させることが大切です。ですが、夏のお疲れ肌では角質が厚く、硬くなりがちで、なかなか浸透しにくくなります。そこで、浸透力にこだわりのある大人ニキビ化粧品を活用して、しっかり内側に潤いを補給しましょう。

 

また、夏場には敬遠されがちなクリームなどのアイテムですが、水分の蒸発を防ぐためには大切です。量は秋冬よりも少なめで良いので、きちんと使用していきましょう。

 

梅雨時期は雑菌に注意!

梅雨時期は、肌にとっては嬉しい季節です。空気がしっとりしているので、肌から潤いが奪われにくいですね。ですが、この時期はジメジメした空気により、雑菌が繁殖しやすいという難点があるのです。

 

例えば洗濯したはずのタオルが臭ってしまうこともあります。雑菌の繁殖した衣類やタオルを使用することは、やはりニキビの原因にもなりかねません。しっかり清潔を心がけ、できるだけ除湿しておきましょう。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ