春のニキビケア

春のニキビケア

春という季節は、だんだんと気候が暖かくなり、心も開放的になってきます。冬場よりも代謝が高まり、肌ツヤが良くなる人も多いですが、ニキビ肌の方の場合は油断は禁物です。では、春のニキビケアはどのような点に着目すれば良いのでしょうか?

 

まだまだ乾燥には注意!

秋冬ほどでもありませんが、春はまだまだ、空気が乾燥している季節です。そのため、しっかりと保湿ケアを行っていかなければなりません。肌の潤いが不足すると、それが原因でバリア機能が低下し、ニキビ菌に侵入されやすくなってしまいます。潤いは健やかな美肌の要ですので、春でも油断せずにしっかりケアしましょう!

 

花粉に気を付けて!

春の肌トラブルの大きな原因となるのが、花粉です。粘膜から様々な不快症状を起こす花粉ですが、実は肌にとっても大きな刺激となります。また、花粉症により鼻をかむ機会が増えれば、鼻の周囲の皮膚を傷つけ、ニキビができやすくなる恐れもあるのです。できるだけマスクなどを着用して花粉が肌に付着するのを予防し、また帰宅後にはスッキリとクレンジングや洗顔で汚れを落としましょう。

 

紫外線にも注意を!

春になると、徐々に紫外線が強くなり始めます。紫外線が強くなると、ニキビがある状態でこれを浴びれば、しつこいニキビ跡が残ってしまう原因になります。「まだ大丈夫だろう」という油断は禁物!3月ごろから、じわじわと紫外線量は増えていき、5月ごろにはすでに真夏並みの紫外線が降り注ぐと言われています。

 

低刺激なUVクリームなどを用いて、しっかり紫外線対策をしていきましょう。また、UVクリームを使用したら、毛穴を詰まらせてしまわないよう、しっかりクレンジングすることも忘れないでください!

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ