ニキビに関して悪影響な飲酒・喫煙は厳禁です!

ニキビに関して悪影響な飲酒・喫煙は厳禁です!

健康にも害を及ぼすことで知られる生活習慣の1つ、飲酒と喫煙。これは、ニキビに関しても悪影響が懸念されますので、注意が必要です。

 

飲酒による悪影響

お酒は適量を飲む分には健康にも良いとされています。ですが過度になってしまうと、胃腸や肝臓などに負担がかかります。内臓に負担がかかれば、肌にも影響が出て、ニキビをはじめとした肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

またお酒を飲むと血行が良くなり、毛穴も開きやすくなってしまいます。開いた毛穴に雑菌などが入れば、ニキビが起こりやすくなりますね。そのような点でも、飲酒はニキビの原因になると言えるのです。

 

さらには、お酒を飲む際にはおつまみとして、油分たっぷりの揚げ物や塩辛い食べ物、刺激物を食べたくなりますよね。これらもニキビを起こしやすくする原因となるのです。

 

喫煙による悪影響

喫煙とニキビに関連性があるというのは、イメージしにくい方もいるかもしれません。ですが、喫煙は百害あって一利なし、と言われるように、肌にとっても良くないものなのです。

 

喫煙をすると、タバコの先からは副流煙というものが発生しますが、この副流煙は立ち上る際に肌にも触れてしまいます。そのため、喫煙する人の毛穴汚れは黒ずんでしまっていることが多いですね。

 

それから、喫煙により血管が収縮してしまうと、肌に栄養が届きにくくなってしまいます。肌が栄養不足になるとターンオーバーが低下し、ニキビの原因となる古い角質も溜まりやすくなってしまうのです。

 

これらの点から、一見関係が無いように思える喫煙も、ニキビ肌を改善するためには意識的にやめなければならない生活習慣であることが分かりますね。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ