ルナメアACの有効成分は安全なの?

ルナメアACの有効成分は安全なの?

ルナメアACの有効成分は安全なの?

大人ニキビにより高い効果を期待するのであれば、有効成分をたっぷり配合したものが良いですね。ですが、「有効成分」を配合したものは単なる化粧品ではなく、化粧品と医薬品の中間である「医薬部外品」に分類されます。そうなると、安全性は大丈夫なのか、薬のように強い作用が無いのかと不安になってしまいますよね。

 

ルナメアACに配合されている有効成分を見てみると、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステルというものが配合されています。このグリチレチン酸ステアリルというのは、マメ科の多年草である甘草由来の成分となっています。抗炎症作用があり、ニキビケアに効果が期待できるうえに、天然由来なので副作用の恐れもほぼありません。

 

それからトコフェロール酢酸エステルというのはビタミンE誘導体のことです。これはビタミンEをうまく変化させており、本来の機能はそのままに、吸収性や溶解性を高めています。そのため、副作用などが起こる可能性を軽減することもできているのです。

 

ビタミンEは肌の酸化を抑える効果があると言われており、特に黒ニキビの改善などに嬉しい成分です。これを、肌にストレスを与えずに補給していけるのが、トコフェロール酢酸エステルというわけですね。

 

これらの点から考えると、ルナメアACに配合されている有効成分は、効果の面ではかなり期待が持てます。そして副作用や安全性という点で考えても、肌への優しさに最大限の配慮をしているものであると言えます。

 

そのため、ニキビを繰り返してしまうデリケートな状態のお肌でも、安心して使用できるニキビケア化粧品となっているのです。有効成分というと薬と似たような作用を持つとイメージしてしまいますが、薬よりも作用は穏やか。それでも不安に感じる場合には、まずは肌の目立たない部分でパッチテストをしてから使用すると安心ですね。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ