ラ・ミューテを使うのに適した年代は?

ラ・ミューテを使うのに適した年代は?

ラ・ミューテを使うのに適した年代は?

ラ・ミューテは基本的には、大人ニキビに着目したスキンケアコスメとなっています。そのため、使用するのに適した年代としては、20代~30代ごろの大人ニキビを繰り返しやすい年代であると言えますね。

 

ですが、中には中高生で、ニキビケアができるアイテムを探しているという方もいらっしゃるでしょう。ラ・ミューテに関しては、もちろん中高生でも安心して使用することができます。刺激になる成分を徹底排除していますので、デリケートな肌にも安心です。

 

特に洗顔料は、天然由来の成分である「タルク」が毛穴汚れを吸着洗顔してくれます。毛穴に皮脂が詰まりやすく、それが原因で思春期ニキビを繰り返しているという中高生にもピッタリですね。

 

ただし、一般的に思春期ニキビ対策として市販されている化粧品よりは価格は高め。そのため、やはり使いやすい年代としては、社会人として収入が安定している20~30代ごろと言えます。

 

ラ・ミューテの効果は主に、高い保湿作用により肌状態を整えることと、ローズの香りによりホルモンバランスを整えることです。これらの効果に関しては、若い年代で使用したからといって何かしらの害が出るものではありませんので安心しましょう。

 

それから、例えば50代や60代でラ・ミューテを使いたいという場合。もちろん、50代や60代でも大人ニキビができないとは限りませんので、悩まされている場合には使ってみても良いでしょう。特にこの年代は、更年期などでホルモンバランスが乱れやすい時期です。女性ホルモンにアプローチするバラの成分を採用するラ・ミューテなら、この年代のケアにもピッタリですね。

 

50代・60代ごろになると、肌が乾燥しやすくなります。
このラ・ミューテは、保湿効果の高い成分もたっぷり配合されていますので、乾燥肌対策にもなります。ただし、あくまでもニキビケアが目的の化粧品なので、年齢肌悩みには物足りなく感じる可能性が高いですね。ニキビが改善したら化粧品をアンチエイジングラインに切り替える、などの工夫が必要であると言えるでしょう。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ