混合肌のニキビケア

混合肌のニキビケア

人の肌は、同じ人であっても部分によって状態が違います。顔という同じパーツであっても、脂っぽい部分と乾燥している部分が混在している人もいます。
それが混合肌
部分別のケアが必要になってくる肌ですね。

 

混合肌とは?

混合肌とは、乾燥肌と脂性肌が、部分的に混在している状態の肌のことです。混合肌にも色々なタイプがありますが、中でも多いのが、Tゾーンだけが脂性肌で、それ以外は乾燥肌か、あるいは普通肌という状態ですね。

 

このような混合肌の持ち主の悩みとして多いのは、洗顔後に頬や目元、口周りだけが突っ張ったりすることです。脂性肌な部分に合わせたケアをすると、どうしても普通肌や乾燥肌の部分は突っ張りやすくなります。それから、季節によって肌の質に変化を感じやすいというのも、混合肌の特徴です。

 

混合肌のニキビケア

混合肌の方の場合、特に脂性肌に傾きがちなTゾーンにニキビができやすくなります。このTゾーンの皮脂量をしっかり整える工夫が必要です。洗顔の際には、先にTゾーンに泡を乗せてから洗う、という順番にすれば、混合肌対策をすることができます。

 

また、化粧水による保湿ケアは顔全体に丁寧に行いましょう。しっかり保湿することは、どのような肌質にも重要なポイントです。

 

それから大切なのが、油分の補い方。クリームなどの化粧品は、乾燥しがちな部分には多めに、Tゾーンには少な目に使用することが大切です。こうして肌質別に少しずつケアに差をつけることで、ニキビのできにくい理想の肌状態に近づけていきましょう。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ