即効性は感じにくいかも!

即効性は感じにくいかも!

大人ニキビという肌悩みは、見た目の印象を大きく左右し、私生活にも様々な支障をきたしてしまいます。そのため、一刻も早く改善したいと考えますよね。ですが、大人ニキビ化粧品を使ったケアでは、即効性というのは、残念ながら感じにくいかもしれません。

 

即効性は感じにくいかも!

大人ニキビ化粧品の役割

大人ニキビ化粧品を1~2日使用すれば、ニキビがウソのように完治する・・・そんな効果を実感するのは、正直難しいでしょう。なぜなら、大人ニキビ化粧品として販売されているものの多くは、「化粧品」あるいは「医薬部外品」に分類されるものだからです。

 

ランキングで人気の大人ニキビ化粧品は、その大半が「医薬部外品」に分類されています。この医薬部外品というのは、簡単に言えば化粧品以上の効果は期待できるけれど、医薬品ほど強力な作用はないというものですね。そのため、医薬品ほどの即効性は感じにくいのです。

 

大人ニキビ化粧品の役割としては、

  • お肌を清潔にしてニキビが起こりにくくする
  • 大人ニキビの炎症を穏やかに抑える
  • ニキビが繰り返しにくい肌質に整える

 

といったことが挙げられます。つまり、今あるニキビを強力に改善する目的とは少し違っているため、なかなか短期間で劇的な変化を実感しにくいものなのです。

即効性を求めるなら医薬品

では、今ある大人ニキビを即効で改善したい場合にはどうすれば良いのでしょうか?やっぱり、そんな時に頼りになるのは、「医薬品」に分類されているアイテムですね。ニキビの炎症を抑えたり、殺菌作用をもたらしてくれる医薬品がありますので、そういったものを使用して今あるニキビに徹底対策してみると良いでしょう。

 

ニキビ用の医薬品には、

  • 皮膚科で処方されるもの
  • 市販のもの

の2種類があります。

 

ニキビの状態は人それぞれですので、できるだけ皮膚科を受診し、症状に合ったものを処方してもらうのが理想です。ただし、医薬品は大人ニキビ化粧品よりも効果が高い分、副作用などのリスクも考え、用法・用量を守って正しく使っていきましょう。

大人ニキビ化粧品と医薬品の使い分け

大人ニキビ化粧品は即効性を実感しにくいという弱点がありますが、これをうまくカバーしながら、その魅力を最大限に活かす方法があります。それは、医薬品とうまく使い分けていくことですね。

  • 明らかなニキビの炎症がある時→医薬品で対処しながら低刺激なアイテムで保湿
  • ニキビの症状が落ち着いている時→大人ニキビ化粧品で予防

こういった方法で使い分けていきましょう。悪化した大人ニキビの治療には医薬品、肌質そのものを根本から変えたいなら大人ニキビ化粧品が有効です。これらを肌状態に合わせて上手に使い分けたり、併用していくことで、より効率的に美肌に近づくことができるというわけですね。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ