ニキビが悪化することも!?

ニキビが悪化することも!?

大人ニキビ化粧品の最大の目的は、ニキビ肌を改善することです。ですが、実はこの大人ニキビ化粧品、使い方を間違えれば「ニキビを悪化させてしまう」という最悪の事態に陥るケースもあるのです。正しく使用しないと逆効果、というのは大人ニキビ化粧品が抱えるデメリットの1つと言えますね。

 

ニキビが悪化することも!?

有効成分が逆効果に!

実感しやすい大人ニキビ化粧品として人気の医薬部外品に認定されているアイテムは、有効成分と言われる、一定の効果が認められた成分を配合してあります。これらは炎症を抑えたり、お肌の代謝を促進するなど、嬉しい効果をもたらしてくれるものです。ですが、実は有効成分も、使い方を間違えれば副作用により、ニキビを悪化させる恐れがあるのです。

  • グリチルリチン酸ジカリウム・・・血行不良を起こす副作用の懸念
  • サリチル酸・・・強力なピーリング作用で炎症が悪化することがある
  • ビタミンC誘導体・・・過剰に使用すればお肌を乾燥させてニキビが起こりやすくなる
  • イオウ・・・お肌を乾燥させて炎症を悪化させることがある

これらの有効成分は、適量を正しく使用していけば、ニキビケアに嬉しい効果が実感できるものです。これらの点から、大人ニキビ化粧品の用法・用量を守ることがいかに大切なのか、理解できますよね。

使い方で効果も変わる!

どんなに優秀な大人ニキビ化粧品であっても、使い方が間違えていれば逆効果になる恐れもあります。

  • 洗顔料をよく泡立てない
  • ゴシゴシこすって洗う
  • 化粧水をコットンでこすりつけるように馴染ませる
  • 化粧水の量が少なすぎる
  • 薬用の化粧水で保湿マスクしてしまう

こういった方法でケアをすると、ニキビが起こりやすいデリケートなお肌に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。刺激により傷ついたお肌には、ニキビ菌も繁殖しやすくなってしまうので、十分な注意が必要です。

 

せっかく高品質な大人ニキビ化粧品を使用するなら、お肌を労わる気持ちで、優しく丁寧に使っていきましょう。

お肌をよく見ながらケアを!

大人ニキビ化粧品は使い方を一歩間違うと、ニキビを悪化させてしまいかねないアイテムであることを忘れてはなりません。そして、そんな悪化を防ぐためには、まず「お肌の状態を毎日よく観察すること」が大切なのです。

 

「この化粧品を使い始めてからニキビが増えた」「なんだか赤みがひどくなっている気がする」といった場合には、配合されている成分が合っていなかったり、使用方法が間違えていることが考えられます。そんな時には、化粧品の見直しを行ったり、使用方法に配慮してみましょう。こうすることで、悪化するリスクを最小限に抑えることができます。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ