ニキビ跡を予防!

ニキビ跡を予防!

ニキビ跡を残さないためには、徹底的に予防することが大切です。できてしまったニキビ跡は非常にガンコ!長い間、根気強くケアしていかないと、なかなかキレイには改善されません。では、ニキビ跡を予防するためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

 

 

ニキビを悪化させない!

ニキビ自体が小さくて軽い場合には、治りも早く、跡が残る可能性も低いですよね。ですが、ニキビが悪化してひどい炎症を起こしてしまったりすると、治るのが遅くなり、また芯が深くなってしまいます。これがニキビ跡の原因になるのです。

 

むやみにニキビに触ってしまうのも、炎症を悪化させる原因です。また、自己判断でニキビを潰すことも、ニキビ跡に繋がります。正しいケアで丁寧に、できるだけ早い段階でニキビを完治させましょう!

 

紫外線に当たらない!

ニキビがある状態で紫外線を浴びてしまうと、ニキビがある部分が大きなダメージを受けます。そして、メラニン色素による色素沈着を起こしてしまう可能性が高くなるのです。

 

普段から紫外線ケアをするのは、肌のために重要なことではありますが、ニキビがある時には特に注意して紫外線ケアを行いましょう。日焼け止めが刺激になると悪いので、できるだけ低刺激で安心なものを使用し、紫外線の強い時間帯は出かけないなどの工夫も大切ですね。

 

ストレスを溜めない!

肌のターンオーバーがうまく働かないと、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。ストレスが溜まると、そんなターンオーバーが低下してしまいがちに!

 

できるだけストレスを溜めこまず、規則正しい生活習慣で健康的に過ごすことで、ニキビ肌もニキビ跡も根本から予防していきましょう!

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ