ニキビ跡の原因

ニキビ跡の原因

せっかくニキビが改善しても、ニキビ跡が残ってしまうと台無しですよね。そんなニキビ跡、一体どうして残ってしまうのでしょうか?原因を知れば、ニキビ跡予防にも役立ちますね。

 

 

ニキビ跡は色素沈着

ニキビ跡の正体は、色素沈着です。つまり、シミなどと同じような性質を持ったものなのですね。

 

ニキビによる色素沈着が、悪化してシミとなり、ちょっとやそっとの努力ではどうにもならない事態になってしまう可能性もあります。できるだけ跡を残さないよう、早めの段階でしっかりケアしていきたいですね。

 

出血が原因のニキビ跡

ニキビ跡を引き起こす色素沈着には種類があります。そのうちの1つが、出血です。血液に含まれているヘモグロビンという成分が原因になっておこり、これは炎症や可能によって毛細血管が破壊され、出血した時に起こってしまいます。

 

真皮の中に色素タンパク質であるヘモグロビンが色素沈着を引き起こす症状なのです。そのため、色も赤黒くなっており、比較的、ケアで改善しやすいニキビ跡であると言えます。

 

メラニン色素が原因のニキビ跡

頑固でケアするのが難しいのが、メラニン色素によるニキビ跡です。このニキビ跡は、日焼け、シミなどによって起こる肌の変色と同じメラニン色素が原因となっています。

 

メラニン色素というものは、肌を守る働きを持ったものです。そのため、ニキビによりダメージを受けた肌を守ろうと、過剰に生成されてしまうのです。メラニン色素によるニキビ跡は、茶色い色味をしており、シミと同じような感じになります。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ