白いニキビができます、痛みもあるのですが化粧水は使えますか

白いニキビができます、痛みもあるのですが化粧水は使えますか

白いニキビができます、痛みもあるのですが化粧品は使えますか

白いニキビは炎症を起こしている可能性もあります。痛みがあるのはその証拠ですね。炎症を抑える為に外用薬を使うと便利です。

 

肌が乾燥することがニキビの原因になりますので、炎症を抑える効果のあるニキビ用化粧品を使ってはいかかでしょうか。

生薬を配合しているビーグレンというニキビ用の商品があります。これは炎症を抑える効果がありますので、白いニキビには効果があります。

 

ニキビと間違えやすい皮膚病

ニキビには白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビと、いくつかの種類があります。そのため、顔にブツブツができると、とりあえず「ニキビかな?」と思ってしまいますよね。ですが、実はニキビに見えて、ニキビではない皮膚病もあるので注意が必要です。

 

脂漏性湿疹

脂漏性皮膚炎とも呼ばれる皮膚病です。皮脂分泌が多い所にできてしまう皮膚炎で、特におでこ、髪の生え際、鼻の周囲などによく起こります。

 

見た目もできる場所もニキビとよく似ているため、間違いやすいのですが、これはニキビとは、原因が少し違っています。ニキビの主な原因がアクネ菌であるのに対し、脂漏性湿疹は真菌というカビの一種によって起こる皮膚炎なのです。

 

この脂漏性皮膚炎とニキビを見分けるには、フケの有無と痒みの有無をよく観察しましょう。脂漏性皮膚炎は頭皮や髪の生え際にできてしまうと、フケが発生しやすくなります。また、強い痒みを伴う場合があるので、こういった症状の場合は皮膚科で1度診察を受けたほうが良いでしょう。

 

毛包炎

毛包炎は顔や背中、頭など、様々な部分に起こってしまう皮膚病の一種です。毛穴の奥にある毛包という部分に、ブドウ球菌という細菌が感染することで発症します。

 

症状は、ニキビとよく似た見た目の発疹が現れ、周囲が赤みを持つようになり、悪化すると膿を伴うこともあります。痒みや痛みといった症状も、ほぼ無いため、ニキビと間違えてしまいやすいですね。時には固い根を持った「深在性毛包炎」という皮膚炎を起こしてしまうことがあり、この場合は軽い痛みも伴います。

 

この毛包炎は、汗などにより皮膚が湿った状態が続いたり、何らかの原因で毛包が傷付いてしまった時に起こりやすい皮膚病です。清潔を保てば自然治癒することもありますが、症状がひどい場合には抗生物質の内服薬や外用薬を用いて治療を行います。

 

まとめ

ニキビとよく似た症状の皮膚病は、素人ではニキビと見分けることは難しいですよね。正しいニキビケアを続けていても改善しないという場合には、1度皮膚科を受診してみると良いでしょう。

 

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ