大人ニキビは何歳までできてしまうものなのでしょうか?

大人ニキビは何歳までできてしまうものなのでしょうか?

大人ニキビは何歳までできてしまうものなのでしょうか?

思春期だけの悩みだと思っていたニキビが、20歳を超えても繰り返すと、うんざりしてしまいますよね。では、この大人ニキビは一体、何歳まで起こるものなのでしょうか?

 

一般的には、女性の肌は年齢と共に皮脂の分泌量が減少していきます。そのため、徐々にニキビが起こりにくくなるということは考えられます。ですが、肌のケア方法が間違っていたり、生活習慣が乱れていれば、何歳になっても大人ニキビが起こる可能性はゼロではありません。

 

例えば、閉経を迎える人も増えてくる50代ごろになると、肌状態が不安定になり、大人ニキビを繰り返すようになる女性もいらっしゃいます。基本的に、大人ニキビで悩まされる方が多いのは、20代~30代の女性です。この時期には生活習慣の乱れやストレスなどが原因で、ニキビを発症してしまうケースがほとんどですね。

 

それが40代、50代となってくると、皮脂量の減少と共に、肌の潤いも失われていきます。そこでこれまで通りの化粧品を使用していると、潤いが物足りなくなり、バリア機能も低下して、ニキビができることもあるのです。

 

元々、ニキビができやすいという体質や肌質の方は、何歳になっても油断せずに、しっかり保湿ケアとホルモンバランスのケアをしていきたいですね。また、ニキビとは無縁だったという女性が40代、50代になって大人ニキビを発症した場合には、化粧品を変えてみたり、生活習慣を見直すなどの工夫をしてみましょう。

大人ニキビ悩みというのは、ある意味、女性にとって永遠のテーマともいうべきものなのですね。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ