ニキビ違いに合わせたケアを!

ニキビ違いに合わせたケアを!

思春期ニキビでも大人ニキビでも、基本的にはどちらも、同じアクネ菌という菌が皮脂や古い角質をエサにして増殖し、炎症を起こすことで発生する症状になります。そのため、基本の対策は共通しているのですが、だからと言って、全く同じで良いというわけではありません。

 

例えば親子で同じニキビケア化粧品を使用しても、うまくいかないことが多いでしょう。それぞれに合ったケアをすることで、スムーズに症状を改善していきましょう。

 

ニキビ違いに合わせたケアを!

思春期ニキビと大人ニキビの大きな違い

思春期ニキビ、大人ニキビの大きな違いは、その「原因」です。

  • 思春期ニキビ…一時的に皮脂量が分泌する時期だから起こるもの
  • 大人ニキビ…ストレスなど内側の要因が大きいもの

そのため、思春期ニキビは過剰な皮脂を取り除き、清潔にすることが特に重要視されますが、大人ニキビはインナーケアや、お肌を健やかにするための保湿ケアなど、より複雑な原因に対策していくようなスキンケアが求められます。

 

また、思春期ニキビなら、ある程度皮脂を取り除いても、お肌にダメージを感じることは少ないかもしれません。ですが大人ニキビになると、皮脂を取り除き過ぎると、かえってお肌が乾燥し、ニキビや肌荒れが悪化してしまう恐れもあるのです。

基礎化粧品の使い分けを!

そこで、思春期ニキビと大人ニキビのスキンケアのコツとして、両者は基礎化粧品の使い分けをしていくことが必要と言えます。

 

例えば10代の娘が使ってみて良かったニキビケアコスメを、30代の大人が使っても効果があるのかと言うと、これは「実感しにくい可能性が高い」と言えます。逆に思春期ニキビに対して大人ニキビ化粧品を使用すると、「重たい」と感じてしまうこともあるかもしれません。

 

思春期ニキビには、思春期ニキビに適した、

  • 余分な皮脂を取り除く
  • 毛穴の汚れを取り除く
  • さっぱり仕上がる

といったタイプの基礎化粧品を選んでみると良いでしょう。

 

大人ニキビには大人ニキビに適した、

  • 優しく洗浄する
  • しっかり潤う
  • 内側まで浸透する

といったタイプの大人ニキビ化粧品を使うのがおすすめです。

 

親子で悩まされているニキビでも、こうして基礎化粧品は別々に用意して、それぞれの原因に対してきちんと働きかけていきましょう。

共通で行いたい対策

思春期ニキビと大人ニキビでは、使いたい基礎化粧品のタイプには違いがあるものの、それぞれに共通して行いたいケアもあります。

  • 食生活の改善
  • 質の良い睡眠

これらのインナーケアは、どの年代にも必要なものです。体の内側が整えば、お肌も健康になります。スキンケアと同時に、野菜たっぷりで脂質・糖質はほどほどの食事を規則正しく摂取し、さらに夜は早く寝て、朝も早起きする習慣を身につけていきましょう。

 

生活習慣の改善なら、親子で一緒に取り組むのにもピッタリですね!

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ