大人ニキビの特徴と対策方法とは!?

大人ニキビの特徴と対策方法とは!?

思春期ニキビと、一見すると同じものに見える大人ニキビ。ですが、実は原因や対策方法には違う部分もありますので、20歳を超えてからできる大人ニキビには、より慎重に対策していかなければなりません。原因を知り、その原因に対してしっかり働きかけることで、根本からの解決を目指しましょう。

 

大人ニキビの特徴と対策方法とは!?

大人ニキビの特徴

大人ニキビというのは、主に20歳を超えてからできてしまうニキビのことを言います。思春期ニキビなら、思春期と言われる時期を過ぎれば落ち着いてくることが多いのですが、大人ニキビは正しくケアしない限り、ニキビが無くなることはありません。根本から原因に働きかけていかなければ、何度でも繰り返してしまうケースが多いのです。

 

大人になってからのお肌というのは、思春期の頃とは違い、皮脂の分泌量も落ち着いてきています。ただし、元々の肌質により様々なタイプに分かれ、この肌質次第では大人ニキビができやすくなってしまいます。

  • 敏感肌
  • 脂性肌

こういったタイプの肌質の方は、思春期を過ぎてもニキビを繰り返しやすい傾向がありますね。また、大人ニキビは思春期ニキビよりも治りにくいのも特徴の1つです。20歳を超えると、徐々にお肌のターンオーバーも低下しやすくなるため、ニキビ跡が残りやすくなったり、ニキビが治りにくくなってしまうのです。

大人ニキビの原因とは!?

大人ニキビは、思春期ニキビとは違う原因により発生していると考えられます。

  • お肌の内側の乾燥(インナードライ肌)
  • ホルモンバランスの乱れ

主な原因は、この2つと考えられます。お肌のターンオーバーが乱れてくるために、化粧水などで保湿しても内側に浸透しにくくなったり、年齢と共に不足してくるお肌の成分が原因で、インナードライ肌になってしまったりするのです。そうして内側がカラカラになると、潤いを守ろうとして皮脂分泌が過剰になり、大人ニキビが起こりやすくなります。

 

さらにホルモンバランスが乱れてしまった時には、特に口周りなどにニキビができやすくなってしまいます。ストレスや生理などが原因でホルモンバランスが乱れやすい女性は、どうしても大人ニキビを繰り返しやすい傾向があるのです。

大人ニキビの対処法

大人ニキビであっても、基本的な対処法は思春期ニキビと同じです。

  • 清潔にすること
  • 保湿すること
  • 生活習慣を整えること

これらをしっかり行えば、お肌のターンオーバーが促進され、またホルモンバランスの乱れも整いやすくなります。ただし、保湿に関しては思春期の頃よりも浸透しにくくなっている恐れがありますので、浸透しやすいアイテムを選び、しっかりお肌に馴染ませることを意識しながら丁寧にケアをしていきましょう。

 

また、社会人になるとストレスが溜まる要因も増えますので、上手に発散する方法を見つけておくことも大切ですね。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ