大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビとは

大人ニキビというのは、20代~30代の、「皮脂の分泌量が落ち着いた年代」であるにも関わらず出てきてしまうニキビのことを言います。これに対して思春期ニキビというのは、皮脂分泌が活発な10代を中心に発症するもので、「ニキビ」と一言で表現されますが、原因や症状は少し違っているのです。

 

大人ニキビと思春期ニキビの大きな違い

大人ニキビと思春期ニキビの違いは、発症する年齢だけではありません。ニキビが発生する原因が根本的に違っているので、対処法も違ってきます。

 

思春期ニキビは、皮脂分泌が過剰であることが原因となっている場合がほとんどで、ニキビも潰すと中から白い脂肪のようなものが出てくるタイプが多いですね。これに対して大人ニキビは、皮脂だけでなく乾燥など、様々な原因が重なって肌状態を悪化させ、起こってしまう症状だと言われています。そのため、対処法も思春期ニキビと同じでは、かえって肌に負担をかけてしまい、逆効果となることがあるのです。

 

大人ニキビと思春期ニキビの共通点

大人ニキビと思春期ニキビは、原因も症状も違いのあるニキビですが、共通している点もあります。まず1つ目に共通しているのが、どちらも皮脂分泌のコントロールが必要であるということです。思春期は皮脂が過剰に分泌しやすいものですが、20代~30代でも、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

 

例えば、肌の水分量が不足してしまった時。スキンケアを正しく行わないと、肌の潤いが低下して、その潤いを守ろうと皮脂が過剰分泌してしまい、これがニキビの原因になってしまいます。

 

それから、もう1つの共通点は、バリア機能が低下しているということです。ニキビは、主にアクネ菌という菌によって引き起こされます。そんなアクネ菌は、肌の状態が安定していれば悪さをしにくいのですが、何らかの理由で肌のバリア機能が低下してしまっている時には、ニキビを引き起こしやすくなるのです。

 

つまり、これらの共通点に働きかけることができるスキンケアコスメなら、思春期ニキビにも大人ニキビにも対処できるということですね!

 

 

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ