おでこにできる白いブツブツ これって大人ニキビ?

おでこにできる白いブツブツ これって大人ニキビ?

27歳、数年前からおでこにできる白いブツブツ・・・

これって大人ニキビでしょうか?

大人ニキビというのは、特におでこや口周りにできやすいものだと言われています。そのため、おでこに白いブツブツができているのは、ニキビである可能性が高いと考えても良いでしょう。

 

ただし、肌にできるブツブツは、全てがニキビというわけではありません。まずは皮膚科で診察を受け、何が原因のどんな皮膚病なのかを正しく判断し、治療することが大切です。大人ニキビであった場合には、化粧品の見直しなどを含めてケアしていくことが大切ですね。

大人ニキビに似た皮膚病

多嚢胞性卵巣症候群

これは婦人科の病気が原因で起こるニキビと似た症状です。生理不順や無月経、体重増加、ムダ毛が増えるなどの症状を伴っている場合には、この病気が原因となっている可能性があります。

 

おでき

原因は不明で、ニキビと非常によく似た症状です。悪化して炎症を起こしたニキビとよく似ており、膿んで赤みが出ます。腫れて、触れると痛みも感じられます。

 

自然治癒することもありますが、皮膚科で抗生物質による治療を受けるのが最善策ですね。

 

毛包炎

これはカビが原因で起こってしまう皮膚病です。マラセチアというカビが原因で、このカビは本来、正常な人間のニキビができやすいような部位に住んでいます。

 

これが何らかの理由により、悪さを始めるのが毛包炎です。皮脂をエサにして繁殖し、ニキビと似た症状を発症します。ニキビ治療を行っても、思うような効果が得られない場合には、これが原因である可能性があります。

 

症状は、小さくて光沢のある赤いブツブツや、小さな膿疱が多発します。診断は、真菌検査が必要で、自己判断では分かりにくい皮膚病です。

 

特にカビの繁殖が活発な夏場に多く見られる皮膚病です。背中など体にできることもあるので、ニキビケアで治癒しない場合には、皮膚科を受診してみましょう。

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ