皮膚の下に芯があるようなニキビの対策

皮膚の下に芯があるようなニキビの対策

皮膚の下に芯があるようなニキビ。

これってどう対策すれば良いのでしょうか?

大人ニキビにも様々な種類がありますよね。中には膿のようなものや白い皮脂が飛び出してくるものもあります。こういったタイプのニキビは、膿や皮脂を取り除くことで、早く治すという治療法もありますね。

 

そんな膿や皮脂、ニキビの芯といったものが、皮膚の下にあり、出てこないパターンのニキビ、気になりますよね。無理やり皮膚をはがして取り除きたくなってしまいますが、そのような荒療治はやめましょう。雑菌が侵入して、炎症を起こしかねません。

 

そんな状態になってしまった時には、どうしても取り除きたい場合は、皮膚科で正しい方法により、取り除いてもらうことがオススメです。そして、皮膚の下に芯ができるようなニキビを繰り返す場合には、肌のターンオーバーが低下している可能性が考えられます。

肌のターンオーバーに関する対策は、

  • 古い角質までしっかり除去できるクレンジング・洗顔
  • 徹底保湿で肌を内部から整える
  • 生活習慣を改善して身体の代謝自体を高める

これらのポイントに気を付けてみましょう。
ターンオーバーが促進されれば、皮膚の内側で膿や脂肪、芯が留まってしまうことが無くなります。そのうえ、肌が元気になり、ニキビ自体も繰り返さない健やかな肌になれる可能性大なのです。

 

ニキビケア化粧品選びの際にも、これらのポイントに着目してみると良いですね。クレンジングや洗顔は、角質や毛穴汚れまで優しくケアできるものを。それから保湿力の高い化粧水や美容液をセレクトするというのも大事です。

 

毎日、丁寧にケアしていけば、大人ニキビ悩みを根本から解消することも可能ですよ!

 

 

大人ニキビ化粧品のランキングTOPへ