仲介手数料無料・半額の仕組み

仲介手数料無料 > 仲介手数料無料・半額の仕組み

仲介手数料とは

マンション・一戸建て・土地などの不動産を購入する場合、一般的には不動産ポータルサイトや新聞折込チラシなどで物件情報を入手し、その物件を取り扱っている不動産会社を通じて購入することになります。 その際、不動産会社に対して支払うことになるのが、「仲介手数料」です。

不動産の仲介手数料は、「売買価格の3%+6万円(消費税別)」(売買価格400万円超の場合)という上限額が法律で定められていて、この上限額を超えてお客様からお金をいただくことは禁じられています。

仲介手数料とは
多くの不動産会社が法定上限いっぱいの仲介手数料を請求しています!
個人のお客様にとって仲介手数料の法定上限額は大きな負担になっています!

仲介手数料について法律で定められているのは、“これ以上多額のお金を受け取ってはいけません”という法定上限額なのですが、多くの不動産会社は規定の仲介手数料として、法定上限いっぱいの金額をお客様に請求しています。 それでは、法定上限がどれくらいの金額になるのか見てみましょう。

物件価格 計算方法 法定上限
仲介手数料
2,000万円 ×3%+6万円 660,000円
2,500万円 810,000円
3,000万円 960,000円
3,500万円 1,110,000円
4,000万円 1,260,000円
4,500万円 1,410,000円
5,000万円 1,560,000円

(消費税別)

フェアプライズの仲介手数料は法定上限の半額
「仲介手数料は少しでも安い方がいい」とお考えのお客様は、ぜひご利用ください。

上記のように仲介手数料の法定上限額は、不動産購入を検討する個人のお客様にとって大きな負担となる金額です。フェアプライズは、この大きな負担となる仲介手数料を、無料又は法定上限の半額にすることで、不動産流通を促進するとともに、お客様に満足を提供したいと考えています。

「仲介手数料は少しでも安い方がいい。」とお考えのお客様は、ぜひご活用ください。

「仲介手数料は少しでも安い方がいい」とお考えのお客様は、ぜひご利用ください。
フェアプライズの仲介手数料
仲介手数料無料の場合

新築一戸建てのように不動産会社が売主となる物件は、成約すると売主側からも仲介手数料をいただくことができます。一般的な不動産会社は売主・買主双方から仲介手数料を受け取っていますが、フェアプライズは売主からの仲介手数料のみで運営しています。
買主となる一般のお客様は仲介手数料無料となります。

仲介手数料半額の場合

売主から仲介手数料がいただけない物件については、一般的な不動産会社は法定上限いっぱいの仲介手数料を受け取りますが、フェアプライズは半額で運営しています。
買主となる一般のお客様は仲介手数料半額となります。(詳細な規定は下記の通りです。)

成約価格の区分 フェアプライズの仲介手数料(消費税別)
1800万円以上 (成約価格×1.5%)+30,000円
800万円以上
1800万円未満
300,000円の定額
800万円未満 (成約価格×3%)+60,000円

※一部の物件で仲介手数料3%(税抜)となる場合があります。対象物件には仲介手数料3%アイコンが表示されています。

仲介手数料無料・半額にできる理由
新規会員登録
  • 現在の会員数
  • 4,588
  • 人
会員登録 仲介手数料無料又は半額!
  • 購入は仲介手数料無料又は半額!
  • 売却は仲介手数料半額!
  • 会員専用マイページを作成!
  • 新着・価格変更物件を即日紹介!
  • 未公開物件を優先紹介!
  • 強引な営業は一切なし!
現在の物件数

2016年11月18日 更新

一般物件数

0

件
会員物件数

0

件
RapidSSL

このサイトはRapidSSLにより認証されて います。SSL対応ページからの情報送 信は暗号化により保護されます。

不動産売却を希望されるお客様は「不動産売却無料査定」から無料査定をお申込みください。
インターネットをフル活用したプロモーション活動で早期売却を狙います。もちろん物件売却時は仲介手数料半額です!